前へ
次へ

まずは相場を調べてから不動産売却しよう

不動産売却をする際は事前の準備が大事です。トラブルを起こさないためにいくつか理解しておきたいことがあります。まずは自分がどんな状況に置かれているか把握し不動産売却の方法を選びます。方法は一つだけでなく、一般的な不動産売却や買取や任意売却もあります。一般的には不動産会社が仲介してすることが多いです。ただし、早めに不動産売却したいなら会社に説明して別の方法も選んでもらってください。不動産売却では不動産会社が物件の査定額を出します。まず、不動産会社へ依頼する前に近隣の相場を自分で調査しましょう。提示する査定額は正しいとは限らないので相場より安くなる恐れもあります。近隣に似たような物件があればいくらで売りに出されているかと相場が分かります。不動産流通機構が公開しているレインズというシステムを使っても相場が出てきます。実際に不動産売却した価格がわかるのでより実感がわきやすいでしょう。不動産売却すれば売主の利益になりますが同時に手数料や税金などもかかってきます。全てが利益として手元に残るわけではありません。諸々の費用や税金は不動産売却額の5~7%程度となります。2000万円のマンションなら100万円近くかかってくるでしょう。もし古家を解体して土地を売るならその解体費用もかかります。

Page Top