前へ
次へ

セットバックが必要な住宅の不動産売却

古い住宅地の中には家の前の道路が狭いところもあります。いろいろな事情でその住宅の不動産売却をしようとするときは購入者の立場も考えると良いかも知れません。そのまま住み続けるのか、将来的に建物を取り壊して新たに建物を建築するのかがあり、不動産売却時には大事になるでしょう。建築基準法においては住宅地に面する道路は4メートル以上必要とされています。この法律以前に建てられている住宅は法律違反になりませんが、新たに建てるときはそれを守らなければいけません。住宅前の道路が4メートルない不動産売却をすると将来セットバックが必要になるでしょう。セットバックは道路の真ん中から2メートルは建物が建てられない決まりで、一応建てられなくても土地の所有権はあります。ただ希望の広さの建物が建てにくくなり、不動産売却はしづらくなります。セットバックをしたとしても十分広さがあるなら不動産売却もスムーズに行えるでしょう。まずは不動産会社に相談して不動産売却を行う必要がありそうです。

Page Top