前へ
次へ

不動産売却する時は仲介手数料以外もかかります

住んでいた家を引っ越したり相続した家を手放すために不動産売却することは多いです。しかし不動産売却は人生でなかなか行わないことです。不動産の知識がたくさん必要で不動産売却できても必要な費用が発生します。手続きや不動産売却活動を自力で行うのは困難です。そのため、プロである不動産会社が仲介し、購入希望者に物件をアピールしてもらいます。宣伝をしないことにはなかなか不動産売却できません。買主が見つかり、不動産売却が完了したら仲介手数料を支払うことになります。他にも不動産登記を行うために司法書士に依頼しないといけません。依頼する費用や売買契約書を交わすための印紙代もかかります。もし住宅ローンがある状態で不動産売却したら繰り上げ返済をします。繰り上げ返済の手数料も必要になるでしょう。買い替えで別の物件に引っ越すなら引っ越し代も発生してしまいます。高い利益が出れば税金もかかりますが、特に税金については専門知識が必要です。

Page Top